和久洋三が考案した創造教育活動とその実践例を紹介

トップ > 和久メソッドの活動 > ご家庭での活動@

ご家庭での活動@

日常生活の中での創造活動

<マグネットモザイク>遊びで赤ちゃんとコミュニケーション

0歳のお子様にお母様が<マグネットモザイク>でつくってあげた作品です。 絵本の世界がそのまま飛び出したような『はらぺこあおむし』の鮮やかな作品は、次の写真で“あおむし”の背中を円弧モザイクがコロコロ転がるコースになったりと、お話や遊びが自由に発展します。 辺同士をつなげるだけで美しいタイルや、幾何学的な模様になるのも、モザイク遊びの真骨頂。 そして、お月見や運動会、ハロウィンのように、こうして行事をお家の中に取り込むのも季節が感じられて風流ですね。 赤ちゃんに話しかけながら傍らで積木やモザイクで作品をつくってあげる―――素敵なコミュニケーションですね。幼いお子様の記憶にも残り続けるのではないでしょうか。 お写真を送っていただき、ありがとうございます。


季刊紙『童具共育』が届いたら

お客様からお孫さんの積み木の作品を送っていただきました。童具共育春号で特集している<WAKU-BLOCK45 G100>(長板8倍体1/6厚)を使った作品です。「童具共育が着きましたら、孫たちが早速作りました。お休みの日は積み木三昧、喜んでいます。」

<ご家庭での活動>の関連ページです

和久メソッドについてご質問・お問合せは
電話 03-3744-0909 / FAX 03-3744-0988 / Eメール mail@dougukan.com
(対応時間10:00〜17:00/FAX,メールは24時間受付・対応時間外は翌営業日以降の返信)